体重移動で走るランニング

ランニング > ランニング・フォームを覚えよう! > 体重移動で走るランニング

体重移動で走るランニング

ランニングは、片足ずつ地面を蹴って進むスポーツ。その片足ずつに体重をうまく移動させて乗せ、体重移動で前に進むようにすると、とてもラクに走れるそうです。でも、これはなかなか体得するのが難しそう。ランニングの初心者は、頭の片隅に入れておいて余裕ができたら気にすることでもいいみたいです。


もしこの「体重移動で進む」というのをイメージするなら、まっすぐに立って、右足を半歩前に出します。そして上半身を前のめりにしていくと、倒れそうになるので、思わず左足が前に出てしまいます。これが、片足からもう片方の足への体重移動の感覚です。ただ実際のランニングでは、こんなに極端ではありません。


もし練習をするなら、
1.ランニングの姿勢をしっかりとる
2.右足を一歩前に出し(同時に上体も自然と前に出ます)、右足に体重を全部乗せる
3.左足を少しするようにしながら前に持っていく
4.左足を一歩前に出し(同時に上体も自然と前に出ます)、左足に体重を全部乗せる
5.右足を少しするようにしながら前に持っていく

を繰り返すといいようです。


関連記事

  1. 上り坂、下り坂の走り方と、マラソン大会のアップダウン
  2. 走るときの視線。走っているときに、どこを見るといいのか。
  3. ランニングの正しい基本フォーム
  4. 初心者の練習方法(距離や練習回数)
  5. 肩こり・背中のこり解消と、よい走りのフォームの関係
  6. 丹田(たんでん)の位置を確認する方法
  7. 基本フォームをしっかりさせるストレッチ
  8. ランニング途中での、フォーム(姿勢)の直し方
  9. 腕の振り方
  10. 体重移動で走るランニング