ランニング途中での、フォーム(姿勢)の直し方

ランニング > ランニング・フォームを覚えよう! > ランニング途中での、フォーム(姿勢)の直し方

ランニング途中での、フォーム(姿勢)の直し方

ランニングをしていると、なんだか背中が丸くなってきたように感じたり、腰がまっすぐしていないような気がしたりして、少しフォームが乱れたかなと思うときがあります。ランニングの途中では、いちいち止まって基本の姿勢を作るなんてできません。そんなときにいいのが、次の方法です。


1.走りながら、両腕を上にあげて、手のひらをやや上に向けながら手を組む。
2.お腹をひっぱりあげるような意識を持ち、下腹を固定させる。
3.腕を、体の両側に円を描くように、ゆっくり降ろす。
4.普通に走り続ける。


この一連の動作で、またお腹が固定され上半身が安定します。3では、肩の関節も同時にほぐすことができます。呼吸をしながら、これでフォームを直していきましょう。


関連記事

  1. 上り坂、下り坂の走り方と、マラソン大会のアップダウン
  2. 走るときの視線。走っているときに、どこを見るといいのか。
  3. ランニングの正しい基本フォーム
  4. 初心者の練習方法(距離や練習回数)
  5. 肩こり・背中のこり解消と、よい走りのフォームの関係
  6. 丹田(たんでん)の位置を確認する方法
  7. 基本フォームをしっかりさせるストレッチ
  8. ランニング途中での、フォーム(姿勢)の直し方
  9. 腕の振り方
  10. 体重移動で走るランニング